厳浄院のご紹介

縁起

当山厳浄院は崖地の狭い境内を利用し、都会の中で失いつつある木造建築、樹木、土、石を大切にし、「質素な暖かい里寺」と位置づけ、「心」の休憩所造りに努めております。
浄土宗に属し、総本山は京都の知恩院、関東の大本山は港区芝の増上寺、鎌倉の光明寺、そして旧来の本寺は文京区小石川の傳通院です。
寛永5年(1628)文京区西片1丁目に創建。
承応3年(1654)御用地となるので傳通院領の一部をいただき、現在地に移転。約380年の歴史を経ています。
厳浄院


境内史跡

厳浄院本堂 山口素堂の墓 仏足石
水盤 畜門転生之碑 地蔵尊
△ページトップへ戻る